御所浦.net home   アクセス リンク サイトマップ
御所浦とは 観光案内 特集 島人インタビュー 今昔御所浦写真 島人ブログ
特集
特集Top
目次
Topics07
御所浦の伝馬船
photo

伝馬舟とは
櫓や櫂などで操船する小型の和船。御所浦では、昭和40 年代ごろまで漁業や集落間の移動や輸送などに盛んに利用されていましたが、今ではその姿を見かけることも少なくなりました。

img三宅啓雅氏
img木造にFRP(繊維強化プラスチック)をまいて修繕し、使用している伝馬船もある。FRPの技術が広がり、木造船は姿を消した。写真は造船所で修繕中の古い伝馬船。

御所浦ではじまった
小さな櫓こぎの舟“伝馬船”の再生

伝馬船再生の仕掛け人、三宅啓雅さん(昭和29年生まれ)は、平成18年に御所浦町町役場を早期退職し、“御所浦アイランドツーリズム推進協議会”のひとりとして事務局に携わってきました。
御所浦アイランドツーリズム協議会は、島民と協力しながら、漁師や農家のお宅に修学旅行の子どもたちが泊まる“民泊”などを行う団体です。

協議会での活動のなか、三宅さんは、御所浦だからこそできる観光のあり方を模索し、御所浦にとって何が大切なのかをずっと考えてきました。
そしてある日、自分の原風景であった伝馬船のある生活を思い出します。三宅さんは「櫓こぎを失くしてはいけない」という思いを持ち、御所浦の伝馬船再生が始まります。

伝馬船再生へ向けて

伝馬船の再生へ向け、使われずボロボロになっていた伝馬船を修繕し、御所浦の大人達が地元の子どもに櫓こぎを教える教室を開催したり、観光で訪れた人たちへの櫓こぎ体験を実施するなど、活動を展開していきます。そして平成19年には木造伝馬船の新造も行うことになったのです。

“舟かくし”と呼ばれる奥行きのある入江は、波もなく、船舶の往来も少なく、安全に櫓こぎの体験ができます。これをきっかけに、天草の子ども達は誰でも櫓こぎができるよ、と言われるようになったらうれしいです」と三宅さん。

今、“舟かくし”の入り江のそばには2艘の木造伝馬船を含め、4艘の伝馬船が浮かんでいます。

三宅さんにとっての伝馬船

「小学校低学年くらいの時だと思いますが、越地から江ノ口・外平の畑に家族で芋ほりに行く時、伝馬船で行きました。 植え付けから収穫まで。仲間のうちの、誰かが持っている伝馬船を借りて行くのです。あの舟は使っていい、というような互いの了解があったのだと思います。30年くらい前までは、イカつけにも使っていました」と三宅さん。
けれど、子どもの時はただ遊んでいただけで、別段思い入れもなかったと言います。
その後、学生時代には御所浦を出て京都で過ごした三宅さん。「学生生活を終え、京都から御所浦に帰ってきた時、伝馬船っていいなと思って」
しかし、そのときにはすでに御所浦の伝馬船は数えるほどに減っていたのでした。また、港も他の船が速くて大きくて、とても伝馬船をこげるような状況ではなくなっていました。

それでも三宅さんは、よく伝馬船に自分の子どもをのせて、養殖のイカダまで魚釣りをしに櫓をこいで行っていたと言います。

「近所の子どもも4、5人のせて。周りの船を気にしながら前島を出て。船が通ったり波が立つときは、舟を波に直角に立てるんですよ。養殖場までたどり着けば他の船を気にしないで大丈夫でした。」と思い出を語る三宅さんには大きな夢があります。

「いずれは御所浦で櫓こぎの世界大会を開きたい」

御所浦の原風景からはじまった、伝馬船へかける思いはますます広がります。

img長浦の入り江の様子。この奥に舟隠しの入り江がある。現在は観光客や修学旅行生の櫓こぎ体験に伝馬船が活躍している。 img
imgimg伝馬船櫓こぎ練習風景

2010から“御所浦よかとこ祭”で伝馬船櫓漕ぎ競漕

2010年の“御所浦よかとこ祭”から、伝馬船の櫓漕ぎ競漕(きょうそう)が開催されてます。
左写真の伝馬船2艘をつかっての100mタイムトライアルレースです。記録は天草伝馬船櫓こぎ公式タイムとして記録されます。

本年も2011年11月3日に“御所浦よかとこ祭”が開催されます。伝馬船櫓漕ぎ競漕も開催されますので、櫓こぎと体力に自信のある方は、ぜひ参加ください。

【PDFダウンロード】
御所浦よかとこ祭2011チラシ&櫓漕ぎ競漕参加申込書

※この特集記事は2008年に御所浦アイランドツーリズム推進協議会より発行された冊子「御所浦の伝馬船」の一部に加筆、修正を加えたものです。

問い合わせ
御所浦アイランドツーリズム推進協議会

〒866-0334 熊本県天草市御所浦町牧島219‐2
TEL 0969-67-1080 FAX 0969-6-1080(事務局 三宅)
E-mail:m-h1954@theia.ocn.ne.jp

top
back 目次 back
2006-2016 Goshoura.net All rights reserved
 
無題ドキュメント